Le Rustique Restaurant個展の企画概要と協賛のお願い

ナイロビにあるギャラリーレストランLe Rustique Restaurantは、世界中から集まるナイロビ滞在者や観光客に人気のレストランとして有名ですが、一方でアーティストやギャラリスト、芸術愛好家などが集まり作品を鑑賞する、ナイロビでは数少ない一流のギャラリーとしての機能ももっています。ここでは毎月、ケニアを拠点に活動する著名な芸術家たちの個展が開催され、ケニアのアート界で大きな話題をよんでいます。

Le Rustique Restaurantでは、今年5月に、初めての日本出身かつアジア出身のアーティストとして、美術家の西尾美也と、西尾が率いるアート集団・西尾工作所ナイロビ支部の個展を行います。西尾は「装いの行為とコミュニケーションの関係性」に着目し、衣服や装い方に新しい見方と可能性を提示するアートプロジェクトやワークショップ、展覧会を国内外で展開してきました。その制作過程の多くは、不特定多数の人々が行き交う公共空間で行なわれ、一般市民や学生が関わることで社会に開かれたものになっています。2009年に西尾工作所ナイロビ支部を設け、ナイロビでの芸術活動を開始し、その活動はケニアの主要なテレビ局や新聞でも大きく報じられています。本展は、西尾のユニークな制作過程と作品を、ケニアのアーティストや芸術愛好家に示し、美術界の発展と多様性に寄与するまたとない機会となるでしょう。

本展では、東アフリカの伝統布カンガから切り抜いた多様な模様を再構成した布作品「KANGAERU」のさまざまなバリエーションが展示されます。本来のパターンや法則から解放された色とりどりの模様は、あるときは作家の手によって、あるときは街かどで公開制作されるワークショップ※1に参加したナイロビ市民の手によって、新たな秩序や物語を模索し、独特で美しいカタチを生み出します。また「KANGAERU」は、街かどの物売りたちに個性的に身にまとわれ、渋滞で混み合うナイロビの主要道路をキャットウォークにみたてて練り歩くファッションショー※2が行なわれ、その記録写真も展示される予定です。

※1「KANGAERU」のワークショップは、2012年4月9日にナイロビ市Korogocho地区にて開催予定。
※2「KANGAERU」のファッションショーは、2012年4月20日にナイロビ市Mombasa Roadにて開催予定。



【開催概要】
展覧会タイトル:KANGAERU by Yoshinari Nishio & Nishio Workshop Nairobi
展覧会会期:2012年5月4日(金)〜5月27日(日)
場所:Le Rustique Restaurant, General Mathenge Drive, Westlands, Nairobi
オープニング日時:2012年5月4日(金)18:00〜21:00
主催:Le Rustique Restaurant


【美術家・西尾美也の略歴】
1982年 奈良県生まれ
2006年 東京藝術大学 美術学部 先端芸術表現科 卒業
2008年 東京藝術大学大学院 美術研究科 修士課程 修了
2011年 東京藝術大学大学院 美術研究科 博士後期課程 修了
2011年 文化庁新進芸術家海外研修制度 2年派遣研修員(ケニア共和国ナイロビ)
現在はナイロビを拠点にしながら、国内外でアートプロジェクトや展覧会を行なう。

〈近年の主な展覧会〉
「再考現学」国際芸術センター青森, 青森(2011年)  
「レゾナンス共鳴」サントリーミュージアム[天保山], 大阪(2010年)
「From Laboratory to Project」 New Museum Weimar, ワイマール(2009年)
「越後妻有アートトリエンナーレ2009」十日町市, 新潟(2009年)
「Self Select in Nairobi」RaMoMA, ナイロビ(2009年)
「日常の喜び」水戸芸術館現代美術センター, 茨城(2008年)
「The 4th Seoul International Media Art Biennale」Seoul Museum of Art, ソウル(2006年)

〈参照URL〉
西尾美也 http://yoshinarinishio.net/
西尾工作所ナイロビ支部 http://www.nairobi-artproject.jp/


【展覧会企画者(キュレーター)Xavier Verhoestの略歴】
1964年にコンゴ民主共和国に生まれる。ブリュッセルとパリで芸術を学んだ後、国境なき医師団の一員として、スーダンやソマリア、アゼルバイジャンなどのアフリカ中近東各国で働き、紛争地や辺境に関わる制作活動を行なう。2003年以降、ナイロビを拠点にアーティストとして、またキュレーターとしての活動を行なう。ケニアのHIV/AIDS患者と芸術家とともにワークショップ「Body Map」を企画実施するArt2Beの創設者でもある。

〈参照URL〉
Xavier Verhoest http://www.xavierverhoest.com/
Art2Be http://art2bebodymaps.com/


【KANGAERU参考作品】



【協賛のお願い】
展覧会とそのオープニング・レセプション開催にあたって協賛してくださる企業・団体様を募集しております。オープニング・レセプションではケニアや日本、諸外国からの芸術文化事業にたずさわる方々やアーティスト、一般の芸術愛好家の人々が集い、ケニアにおけるこれからの芸術文化事業のあり方や各自の活動について意見を和やかに交換し、ネットワーキングを広げる機会になります。多くの方々に気軽に足を運んでいただけるよう、本レセプションは入場無料にて開催したいと考えております。

協賛くださる企業・団体様のお名前は、展覧会チラシやポスター、バナーに記載させていただきます。当チラシはナイロビ市内の大型ショッピングモールのほか、レストランや美術館、ギャラリー、文化芸術機関など主要な文化的スポットに設置されます。またナイロビ市の主要道路にて開催予定のKANGAERUファッションショーでも、モデルたちがチラシを配布しながら練り歩く予定です。

本展覧会の協賛にご関心のある企業・団体様は下記の問い合わせ先にご連絡ください。

※オープニングにかかる経費(飲食物の購入代金と広報費:45,000シル=約50,000円)


【問い合わせ先】
西尾工作所ナイロビ支部
電話:0705-980-462

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

links

contents

search this site.

twitter

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM