ARAKAWA AFRICA 3


ARAKAWA AFRICA 3 アラカワ・アフリカ3
西尾工作所のアフリカでの仕事とTDF/アフリカ屋の荒川での仕事

本展は、荒川区とアフリカに接点をもつ両社の展示をとおして、荒川区とアフリカの意外なつながりに光をあてる試みです。西尾工作所は、2009年に荒川区東尾久で設立した当初から、ケニアの首都ナイロビで、現代美術を介した文化交流事業に取り組んでいます。本展では、ナイロビの人や風景、装いから着想をえた最新の美術作品を展示します。荒川区町屋のアフリカ屋の共同店舗TDF(東京ジャンべファクトリー)は、加藤工房長が毎年マリに出向いてジャンベを作り、販売するだけでなく、ワークショップを開いて叩く機会も提供する希有な工房です。本展では、アフリカ屋のパーニュ・コレクションの展示とあわせて、国ごとに形が違うジャンべを一挙に展示します。

会期:2012年7月24日(火)〜7月29日(日)

時間:13:00-19:00
会場:OGU MAG
入場:無料


TDF加藤工房長によるジャンべ・パフォーマンス 
7月29日(日)14:00〜 無料

主催:OGU MAG


ARAKAWA AFRICA 3
Nishio Workshop's work in Africa and TDF/Africa-ya's work in Arakawa

ARAKAWA AFRICA aims at providing a focus on unexpected networks between Africa and Arakawa ward in Tokyo through a series of exhibitions by several companies or groups connected with both areas. Since founded in Higashiogu in Arakawa, 2009, Nishio Workshop has worked on activities for promoting cultural exchange by contemporary arts in Nairobi, the capital city of Kenya. In this exhibition, it will exhibit and sell recent artworks, Kangaeru and Map Pamoja, which drew their inspiration from people, scenery and clothing of Nairobi. Tokyo Djembe Factory (TDF) / Africa-ya is a very unique shop in Machiya in Arakawa, in that a TDF chief, Kato, visits Mali every year to produce djembes and bring them back for sale, and also organizes workshops to provide opportunities for playing them. In the exhibition, it wil show many djembes which have different shapes from one another depending on countries where they were created, as well as a wide collection of pagne cloth in West Africa.

Exhibition periods: Tuesday 24 - Sunday 29 July
Time: 13:00- 19:00
Venue: OGU MAG
Admission free

Related Event: Djembe performance by a TDF chief, Kato  
Sunday 29 July
14:00-
Admission free

Organized by OGU MAG



西尾美也(にしおよしなり)[現代美術家・西尾工作所代表]

東京藝術大学大学院博士後期課程修了。装いの行為とコミュニケーションの関係性に着目し、市民や学生との協働によるプロジェクトを国内外で展開している。 代表的なプロジェクトに《Self Select》、《家族の制服》、《Overall》などがある。2009年に西尾工作所ナイロビ支部を設け、アフリカでのアートプロジェクトを開始。現 在は、文化庁芸術家在外研修員としてケニア共和国ナイロビを拠点に制作活動を行なう。(HPより抜粋: http://yoshinarinishio.net/)
 
茂木佐和子(もてぎさわこ) [アフリカ屋・店主]

NY在住中に、アフリカの布と出会う。その後、東京の荒川区に戻り、【アフリカ屋】を94年に開く。主に西アフリカの布を専門に、日本では手に入りにくい コアな商品を長年輸入し、販売している。今では、セネガル人テーラーとアフリカンダンスを教えている営業部長と共に東京初の【アフリカン・クチュリエ】と してアフリカの素敵な部分を発信中!(URL : http://www.africa-ya.com)
 
加藤タクミ(かとうたくみ)[東京ジェンベファクトリー(TDF)工房長 / tamtam楽団所属]

2000年よりカリフォルニア州ロサンゼルスにあるMotherland Music(アフリカ楽器店)にて楽器製作、修理、演奏を学ぶ。05年10より半年間ガーナ/コートジボアール/マリ共和国を訪れ太鼓製作/演奏を学ぶ。 08年にはマリ共和国を訪れ、太鼓工房で製作、マリ共和国国立舞踊団メンバーより太鼓の演奏を学ぶ。現在、荒川区町屋でTDFを運営。 元マリ共和国国立舞踊団パーカッションリーダーのダラマンジャバテ氏に師事。tamtam楽団に所属し来日アーティストのオープニングアクトや国産ジェン ベ打サミットに出演。 レギュラードラマーとして日光のアフリカンダンスクラスでの演奏や様々なイベントにも出演中。
(URL:http://www.gakuya.net/contents/about_djembe.html)

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

links

contents

search this site.

twitter

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM