ARAKAWA AFRICA 3


ARAKAWA AFRICA 3 アラカワ・アフリカ3
西尾工作所のアフリカでの仕事とTDF/アフリカ屋の荒川での仕事

本展は、荒川区とアフリカに接点をもつ両社の展示をとおして、荒川区とアフリカの意外なつながりに光をあてる試みです。西尾工作所は、2009年に荒川区東尾久で設立した当初から、ケニアの首都ナイロビで、現代美術を介した文化交流事業に取り組んでいます。本展では、ナイロビの人や風景、装いから着想をえた最新の美術作品を展示します。荒川区町屋のアフリカ屋の共同店舗TDF(東京ジャンべファクトリー)は、加藤工房長が毎年マリに出向いてジャンベを作り、販売するだけでなく、ワークショップを開いて叩く機会も提供する希有な工房です。本展では、アフリカ屋のパーニュ・コレクションの展示とあわせて、国ごとに形が違うジャンべを一挙に展示します。

会期:2012年7月24日(火)〜7月29日(日)

時間:13:00-19:00
会場:OGU MAG
入場:無料


TDF加藤工房長によるジャンべ・パフォーマンス 
7月29日(日)14:00〜 無料

主催:OGU MAG


ARAKAWA AFRICA 3
Nishio Workshop's work in Africa and TDF/Africa-ya's work in Arakawa

ARAKAWA AFRICA aims at providing a focus on unexpected networks between Africa and Arakawa ward in Tokyo through a series of exhibitions by several companies or groups connected with both areas. Since founded in Higashiogu in Arakawa, 2009, Nishio Workshop has worked on activities for promoting cultural exchange by contemporary arts in Nairobi, the capital city of Kenya. In this exhibition, it will exhibit and sell recent artworks, Kangaeru and Map Pamoja, which drew their inspiration from people, scenery and clothing of Nairobi. Tokyo Djembe Factory (TDF) / Africa-ya is a very unique shop in Machiya in Arakawa, in that a TDF chief, Kato, visits Mali every year to produce djembes and bring them back for sale, and also organizes workshops to provide opportunities for playing them. In the exhibition, it wil show many djembes which have different shapes from one another depending on countries where they were created, as well as a wide collection of pagne cloth in West Africa.

Exhibition periods: Tuesday 24 - Sunday 29 July
Time: 13:00- 19:00
Venue: OGU MAG
Admission free

Related Event: Djembe performance by a TDF chief, Kato  
Sunday 29 July
14:00-
Admission free

Organized by OGU MAG



西尾美也(にしおよしなり)[現代美術家・西尾工作所代表]

東京藝術大学大学院博士後期課程修了。装いの行為とコミュニケーションの関係性に着目し、市民や学生との協働によるプロジェクトを国内外で展開している。 代表的なプロジェクトに《Self Select》、《家族の制服》、《Overall》などがある。2009年に西尾工作所ナイロビ支部を設け、アフリカでのアートプロジェクトを開始。現 在は、文化庁芸術家在外研修員としてケニア共和国ナイロビを拠点に制作活動を行なう。(HPより抜粋: http://yoshinarinishio.net/)
 
茂木佐和子(もてぎさわこ) [アフリカ屋・店主]

NY在住中に、アフリカの布と出会う。その後、東京の荒川区に戻り、【アフリカ屋】を94年に開く。主に西アフリカの布を専門に、日本では手に入りにくい コアな商品を長年輸入し、販売している。今では、セネガル人テーラーとアフリカンダンスを教えている営業部長と共に東京初の【アフリカン・クチュリエ】と してアフリカの素敵な部分を発信中!(URL : http://www.africa-ya.com)
 
加藤タクミ(かとうたくみ)[東京ジェンベファクトリー(TDF)工房長 / tamtam楽団所属]

2000年よりカリフォルニア州ロサンゼルスにあるMotherland Music(アフリカ楽器店)にて楽器製作、修理、演奏を学ぶ。05年10より半年間ガーナ/コートジボアール/マリ共和国を訪れ太鼓製作/演奏を学ぶ。 08年にはマリ共和国を訪れ、太鼓工房で製作、マリ共和国国立舞踊団メンバーより太鼓の演奏を学ぶ。現在、荒川区町屋でTDFを運営。 元マリ共和国国立舞踊団パーカッションリーダーのダラマンジャバテ氏に師事。tamtam楽団に所属し来日アーティストのオープニングアクトや国産ジェン ベ打サミットに出演。 レギュラードラマーとして日光のアフリカンダンスクラスでの演奏や様々なイベントにも出演中。
(URL:http://www.gakuya.net/contents/about_djembe.html)

KANGAERU: Solo Exhibition by Yoshinari Nishio & Nishio Workshop Nairobi



KANGAERU by Yoshinari Nishio & Nishio Workshop Nairobi
Dates: From 4th(Fri) to 27th(Sun), May, 2012
Venue: Le Rustique Restaurant, General Mathenge Drive, Westlands, Nairobi
Opening Reception: 4th(Fri), May, 2012. From 6:00pm to 9:00pm.
Under the auspice of Le Rustique Restaurant

Le Rustique Restaurant will present a solo exhibition by the first contemporary artist from Japan or Asia, Yoshinari Nishio and his artists collective, Nishio Workshop Nairobi. His works have consistently referred to relationships between fashion and communication, and developed art projects the world over, presenting novel angles on clothing and its potential power. The most of his production process are attained with the cooperation of citizens and students in public spaces where unknown passengers come and go. He established Nishio Workshop Nairobi Office in 2009 and started on alternative art projects in Nairobi. His artistic activities have been featured on Kenyan major newspapers and TV.

In this exhibition, we will exhibit a series of works titled KANGAERU that were produced through clipping and re-composing different patterns of Kanga, very traditional cloth from the East African region. The patterns in different colors were set free from traditional arrangements and rules, seeked a new type of order and story by hands of the artist on one occasion, or by hands of participants into a workshop that was publicly held on the street on the other occasions, then they were transformed into a unique and beautiful form of patterns. In addition, the works of KANGAERU were put on by street vendors who always dress themselves in a variety of everyday products in a very unique way on the streets. Those street vendors walked step by step on a congested main road in Nairobi like on a catwalk in fashion show. The documenting photos of this performance will be exhibited. 

*The title KANGAERU means "contemplating or transforming Kanga" in the Japanese language.

[Profile of Yoshinari Nishio]
Born in Nara, Japan, 1982. He currently lives and works in Nairobi and Tokyo.
He obtained Ph. D. in Fine Arts from Tokyo University of the Arts in 2011, then received grant from the Japanese Agency for Cultural Affairs to stay and work for 2 years in Kenya.
His works have consistently referred to relationships between fashion and communication, developing art projects with the cooperation of citizens and students around the world. He established Nishio Workshop Nairobi Office in 2009, and started on alternative art projects in Africa. Based on the unique long-termed study on clothing through the lens of a contemporary artist, he also set up his own fashion label “Form on Words” in 2011.

<Selected exhibitions>
AfterGold, Loughborough, United Kingdom (2012)
Re-Modernologio, Aomori Contemporary Art Centre, Aomori, Japan (2011)
Resonance, Suntory Museum, Osaka, Japan (2010)
From Laboratory to Project, New Museum Weimar, Weimar, Germany (2009)
Self Select in Nairobi, RaMoMA, Nairobi, Kenya (2009)
The 4th Seoul International Media Art Biennale,Seoul Museum of Art, Seoul, Korea(2006)

<URL>
Yoshinari Nishio http://yoshinarinishio.net/
Nishio Workshop Nairobi http://www.nairobi-artproject.jp/

[Contact]
Nishio Workshop Nairobi Office
Mobile: +254-705-980-462


KANGAERU by Yoshinari Nishio & Nishio Workshop Nairobi
展覧会会期:2012年5月4日(金)〜5月27日(日)
場所:Le Rustique Restaurant, General Mathenge Drive, Westlands, Nairobi
オープニング日時:2012年5月4日(金)18:00〜21:00
主催:Le Rustique Restaurant

Le Rustique Restaurantでは、今年5月に、初めての日本出身かつアジア出身のアーティストとして、美術家の西尾美也と、西尾が率いるアート集団・西尾工作所ナイロビ支部の個展を行います。西尾は「装いの行為とコミュニケーションの関係性」に着目し、衣服や装い方に新しい見方と可能性を提示するアートプロジェクトやワークショップ、展覧会を国内外で展開してきました。その制作過程の多くは、不特定多数の人々が行き交う公共空間で行なわれ、一般市民や学生が関わることで社会に開かれたものになっています。2009年に西尾工作所ナイロビ支部を設け、ナイロビでの芸術活動を開始し、その活動はケニアの主要なテレビ局や新聞でも大きく報じられています。本展は、西尾のユニークな制作過程と作品を、ケニアのアーティストや芸術愛好家に示し、美術界の発展と多様性に寄与するまたとない機会となるでしょう。

本展では、東アフリカの伝統布カンガから切り抜いた多様な模様を再構成した布作品「KANGAERU」のさまざまなバリエーションが展示されます。本来のパターンや法則から解放された色とりどりの模様は、あるときは作家の手によって、あるときは街かどで公開制作されるワークショップに参加したナイロビ市民の手によって、新たな秩序や物語を模索し、独特で美しいカタチを生み出します。また「KANGAERU」は、街かどの物売りたちに個性的に身にまとわれ、渋滞で混み合うナイロビの主要道路をキャットウォークにみたてて練り歩くファッションショーが行なわれ、その記録写真も展示される予定です。

【美術家・西尾美也の略歴】
1982年 奈良県生まれ
2006年 東京藝術大学 美術学部 先端芸術表現科 卒業
2008年 東京藝術大学大学院 美術研究科 修士課程 修了
2011年 東京藝術大学大学院 美術研究科 博士後期課程 修了
2011年 文化庁新進芸術家海外研修制度 2年派遣研修員(ケニア共和国ナイロビ)
現在はナイロビを拠点にしながら、国内外でアートプロジェクトや展覧会を行なう。

〈近年の主な展覧会〉
「再考現学」国際芸術センター青森, 青森(2011年) 
「レゾナンス共鳴」サントリーミュージアム[天保山], 大阪(2010年)
「From Laboratory to Project」 New Museum Weimar, ワイマール(2009年)
「越後妻有アートトリエンナーレ2009」十日町市, 新潟(2009年)
「Self Select in Nairobi」RaMoMA, ナイロビ(2009年)
「日常の喜び」水戸芸術館現代美術センター, 茨城(2008年)
「The 4th Seoul International Media Art Biennale」Seoul Museum of Art, ソウル(2006年)

〈参照URL〉
西尾美也 http://yoshinarinishio.net/
西尾工作所ナイロビ支部 http://www.nairobi-artproject.jp/

【問い合わせ先】
西尾工作所ナイロビ支部
電話:+254-705-980-462

『MAP PAMOJA』販売開始のお知らせ


ナイロビに暮らすさまざまな人々がワークショップ「MAP PAMOJA」に参加して、自分のお気に入りの場所や、心に残っている場所をマッピング。その中から厳選した34カ所の写真が収録されています。ギャラリーの壁いっぱいに広がったお手製の巨大地図も、10分の1サイズで再現。ナイロビの魅力的な普段の姿と、個々人の物語りをのぞきながら、ナイロビの日常を散歩してみませんか。

MAP PAMOJA
定価:1,300円(日本国内への送料込み)
※ナイロビでの直接販売は1000シル
出版:西尾工作所ナイロビ支部
エディション:100
サイズ・ページ数:A6×72ページ(モノクロ)
※付録としてMAP(カラー)がついています

購入をご希望の方は、Contactページに記載のメールアドレスまで、お名前とご住所、ご希望の冊数をお知らせください。ご入金方法は下記の銀行口座にお振込をお願いいたします。



なお、2012年内に西尾工作所ナイロビ支部のメンバーシップ(個人/法人)にご加入いただいた方には、特典として本書籍を贈呈いたします。メンバーシップについての詳細は、こちらでご確認ください。

Le Rustique Restaurant個展の企画概要と協賛のお願い

ナイロビにあるギャラリーレストランLe Rustique Restaurantは、世界中から集まるナイロビ滞在者や観光客に人気のレストランとして有名ですが、一方でアーティストやギャラリスト、芸術愛好家などが集まり作品を鑑賞する、ナイロビでは数少ない一流のギャラリーとしての機能ももっています。ここでは毎月、ケニアを拠点に活動する著名な芸術家たちの個展が開催され、ケニアのアート界で大きな話題をよんでいます。

Le Rustique Restaurantでは、今年5月に、初めての日本出身かつアジア出身のアーティストとして、美術家の西尾美也と、西尾が率いるアート集団・西尾工作所ナイロビ支部の個展を行います。西尾は「装いの行為とコミュニケーションの関係性」に着目し、衣服や装い方に新しい見方と可能性を提示するアートプロジェクトやワークショップ、展覧会を国内外で展開してきました。その制作過程の多くは、不特定多数の人々が行き交う公共空間で行なわれ、一般市民や学生が関わることで社会に開かれたものになっています。2009年に西尾工作所ナイロビ支部を設け、ナイロビでの芸術活動を開始し、その活動はケニアの主要なテレビ局や新聞でも大きく報じられています。本展は、西尾のユニークな制作過程と作品を、ケニアのアーティストや芸術愛好家に示し、美術界の発展と多様性に寄与するまたとない機会となるでしょう。

本展では、東アフリカの伝統布カンガから切り抜いた多様な模様を再構成した布作品「KANGAERU」のさまざまなバリエーションが展示されます。本来のパターンや法則から解放された色とりどりの模様は、あるときは作家の手によって、あるときは街かどで公開制作されるワークショップ※1に参加したナイロビ市民の手によって、新たな秩序や物語を模索し、独特で美しいカタチを生み出します。また「KANGAERU」は、街かどの物売りたちに個性的に身にまとわれ、渋滞で混み合うナイロビの主要道路をキャットウォークにみたてて練り歩くファッションショー※2が行なわれ、その記録写真も展示される予定です。

※1「KANGAERU」のワークショップは、2012年4月9日にナイロビ市Korogocho地区にて開催予定。
※2「KANGAERU」のファッションショーは、2012年4月20日にナイロビ市Mombasa Roadにて開催予定。



【開催概要】
展覧会タイトル:KANGAERU by Yoshinari Nishio & Nishio Workshop Nairobi
展覧会会期:2012年5月4日(金)〜5月27日(日)
場所:Le Rustique Restaurant, General Mathenge Drive, Westlands, Nairobi
オープニング日時:2012年5月4日(金)18:00〜21:00
主催:Le Rustique Restaurant


【美術家・西尾美也の略歴】
1982年 奈良県生まれ
2006年 東京藝術大学 美術学部 先端芸術表現科 卒業
2008年 東京藝術大学大学院 美術研究科 修士課程 修了
2011年 東京藝術大学大学院 美術研究科 博士後期課程 修了
2011年 文化庁新進芸術家海外研修制度 2年派遣研修員(ケニア共和国ナイロビ)
現在はナイロビを拠点にしながら、国内外でアートプロジェクトや展覧会を行なう。

〈近年の主な展覧会〉
「再考現学」国際芸術センター青森, 青森(2011年)  
「レゾナンス共鳴」サントリーミュージアム[天保山], 大阪(2010年)
「From Laboratory to Project」 New Museum Weimar, ワイマール(2009年)
「越後妻有アートトリエンナーレ2009」十日町市, 新潟(2009年)
「Self Select in Nairobi」RaMoMA, ナイロビ(2009年)
「日常の喜び」水戸芸術館現代美術センター, 茨城(2008年)
「The 4th Seoul International Media Art Biennale」Seoul Museum of Art, ソウル(2006年)

〈参照URL〉
西尾美也 http://yoshinarinishio.net/
西尾工作所ナイロビ支部 http://www.nairobi-artproject.jp/


【展覧会企画者(キュレーター)Xavier Verhoestの略歴】
1964年にコンゴ民主共和国に生まれる。ブリュッセルとパリで芸術を学んだ後、国境なき医師団の一員として、スーダンやソマリア、アゼルバイジャンなどのアフリカ中近東各国で働き、紛争地や辺境に関わる制作活動を行なう。2003年以降、ナイロビを拠点にアーティストとして、またキュレーターとしての活動を行なう。ケニアのHIV/AIDS患者と芸術家とともにワークショップ「Body Map」を企画実施するArt2Beの創設者でもある。

〈参照URL〉
Xavier Verhoest http://www.xavierverhoest.com/
Art2Be http://art2bebodymaps.com/


【KANGAERU参考作品】



【協賛のお願い】
展覧会とそのオープニング・レセプション開催にあたって協賛してくださる企業・団体様を募集しております。オープニング・レセプションではケニアや日本、諸外国からの芸術文化事業にたずさわる方々やアーティスト、一般の芸術愛好家の人々が集い、ケニアにおけるこれからの芸術文化事業のあり方や各自の活動について意見を和やかに交換し、ネットワーキングを広げる機会になります。多くの方々に気軽に足を運んでいただけるよう、本レセプションは入場無料にて開催したいと考えております。

協賛くださる企業・団体様のお名前は、展覧会チラシやポスター、バナーに記載させていただきます。当チラシはナイロビ市内の大型ショッピングモールのほか、レストランや美術館、ギャラリー、文化芸術機関など主要な文化的スポットに設置されます。またナイロビ市の主要道路にて開催予定のKANGAERUファッションショーでも、モデルたちがチラシを配布しながら練り歩く予定です。

本展覧会の協賛にご関心のある企業・団体様は下記の問い合わせ先にご連絡ください。

※オープニングにかかる経費(飲食物の購入代金と広報費:45,000シル=約50,000円)


【問い合わせ先】
西尾工作所ナイロビ支部
電話:0705-980-462

Welcome to our new Home_N Gallery


We've moved to a new place, and extended the exhibition period of "KANGAERU" until 1st April. Welcome to our new Home_N Gallery!

このたびHome_N Galleryは移転&リニューアルオープンしました。KANGAERU展は4月1日まで延長して開催しています。ぜひお気軽にお越しください。

=====================
In this exhibition "KANGAERU," we will present a series of works produced by clipping and re-composing different patterns of Kanga, very traditional cloth from the East African region. The title "KANGAERU" means "contemplating" or "transforming Kanga" in the Japanese language. By imagining Kanga's colorful and fabulous patterns as materials for painting, we can find new value and meaning in such familiar and common objects.

KANGAERU: Home_N Gallery Exhibition
Date: 20th February to 1st April 2012
Time: 10:00am-5:00pm
Venue: Home_N Gallery, Langata Road, Nairobi West
Entry: Free
※Please make an appointment by email or phone before visiting the gallery.
Phone:0705-980-462
Email:info@nairobi-artproject.jp

Organizer: Nishio Workshop Nairobi Office


本展「KANGAERU」では、東アフリカの伝統布カンガの模様を組み替えることで生まれた作品群を展示します。タイトルの「KANGAERU」は、日本語 で「考える」や「カンガを変える」などを意味しています。カンガの色あざやかで美しい模様を、絵を描く素材と捉えなおしてみることで、身近で見慣れたもの に新しい価値を与えます。

KANGAERU: Home_N Gallery Exhibition
開催日時:2012年2月20日(月)〜4月1日(日)10:00am-5:00pm
場所:Home_N Gallery、Langata Road、Nairobi West
入場無料
※電話もしくはメールにて事前予約をお願いします。
電話:0705-980-462
メール:info@nairobi-artproject.jp

主催:西尾工作所ナイロビ支部

Webマガジン「artscape」に寄稿


美術情報の主要Webマガジン「artscape」2012年03月01日号に、ナイロビの現代アートシーンをレポートする記事「交錯する都市社会と芸術表現:新局面を迎えたナイロビ現代アート」を寄稿しました。日本では、はるか遠い印象のあるアフリカ現代アートの一端について、現地からの報告です。
http://artscape.jp/

Art & Beer Festival


ケニアの芸術と地ビールに光をあてたユニークな二日間のイベント「Art & Beer Festival」にて、ブース出展をします。
西尾工作所ナイロビ支部では、「KANGAERU」の作品展示とワークショップの他、「MAP PAMOJA」の書籍販売を行なう予定です。

日時▶2012年3月10日(土)12:00〜 11日(日)18:00 ※ノンストップ
場所▶Ngong Racecourse
入場▶前売り券:2,000Ksh/当日券:2,500Ksh/日曜のみ:1,500Ksh/VIP券:4,000Ksh
主催▶Raspberry Adams
http://www.artandbeerfest.com/

【参加者募集】窓からのぞく世界のワークショップ&上映会


ナイロビと日本が窓によってつながります。
原宿で活動するワークショップデザイナー集団「はら塾カフェ」との共同開催によるワークショップを東京にて実施します。当日は、日本で初公開となるナイロビ・アートプロジェクトによる新作映像「ANA MDOMO 窓からのぞく世界」の上映も行ないます。

ワークショップ参加者のみなさまには、自宅や実家の「窓」の写真を持ってきていただきます。ネットやデジタル機器の発達で、いつでもどこでも簡単につながることができる時代ですが、ワークショップと上映会では、あえて「個人的で具体的な窓」を介した想像のつながりを味わっていただければと思っています。
多くの方のご参加をお待ちしております。

窓からのぞく世界のワークショップ&上映会
開催日:2012年3月4日(日)13:00〜16:00
会場:HRインスティテュートビジョンハウス(原宿)
参加費:1,500円 
*ファミリー割引(夫妻・親子・きょうだい)でご参加の場合
2人で参加→¥2,400- 3人で参加→¥3,150-
定員:15名(先着順)
対象:6歳から大人まで
お申し込み:「お名前(ふりがな)」「メールアドレス」「当日ご連絡先」「参加人数」等をご明記の上、harajukucafewsd@gmail.comまでメールにてお申込みください。
*未成年の方は年齢を明記ください。

主催:はら塾カフェ
共催:西尾工作所ナイロビ支部
協力:株式会社HRインスティテュート

KANGAERU: Home_N Gallery Exhibition


In this exhibition "KANGAERU," we will present a series of works produced by clipping and re-composing different patterns of Kanga, very traditional cloth in East African region. The title "KANGAERU" means "complating" or "transforming Kanga" in Japanese language. By seeing Kanga's colorful and fabulous patterns as materials for painting,we could find new values and meanings in this familiar common object. There is also a workshop space where you can experience production process of "KANGAERU" during the exhibition period.  

*Please make an appointment  by email or phone before visiting the gallery.

KANGAERU: Home_N Gallery Exhibition
Date: 20th February to 25th March
Time: 10:00am-5:00pm
Venue: Home_N Gallery, Ngong Road, Woodley, Nairobi
Entry: Free
※Please make an appointment by email or phone before visiting the gallery.
Phone:0705-980-462
Email:info@nairobi-artproject.jp

Organizer: Nishio Workshop Nairobi Office


本展「KANGAERU」では、東アフリカの伝統布カンガの模様を組み替えることで生まれた作品群を展示します。タイトルの「KANGAERU」は、日本語で「考える」や「カンガを変える」などを意味しています。カンガの色あざやかで美しい模様を、絵を描く素材と捉えなおしてみることで、身近で見慣れたものに新しい価値を与えます。本展期間中には、来場者が制作の体験をできるワークショップコーナーも設けています。

※当ギャラリーは予約制です。事前にメールもしくは電話にて、お越しになる日時をお知らせください。

KANGAERU: Home_N Gallery Exhibition
開催日時:2012年2月20日(月)〜3月25日(日)10:00am-5:00pm
場所:Home_N Gallery、Ngong Road、Woodley、Nairobi
入場無料
※電話もしくはメールにて事前予約をお願いします。
電話:0705-980-462
メール:info@nairobi-artproject.jp

主催:西尾工作所ナイロビ支部

KANGAERUワークショップ開催のお知らせ


ナイロビ日本人学校PTA主催の「守童(すわら)バザー」にて、東アフリカの伝統布カンガを使ったワークショップ「KANGAERU」を開催いたします。バザー当日にブースに立ち寄った人みんなで、一つの作品を作り上げます。写真は、ワークショップ準備のためにボランティアで集まってくださった保護者のみなさま。

ナイロビ日本人学校PTA主催「守童バザー」
不要品のガレージセールや食品販売、工芸品販売に加えて、カラオケや古本市もあります。
開催日時:2012年1月28日(土) 11:30〜15:30
場所:ナイロビ日本人学校
入場無料




links

contents

search this site.

twitter

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM