ANA MDOMO: Home_N Gallery Opening Exhibition


In this exhibition ANA MDOMO, we will exhibit a lot of photographs of various views seen through windows of each house around Nairobi. At the same time, many photographs taken under the same theme around Japan will be collected on the Internet, and exhibited in the gallery to open the window linking Nairobi to Japan. The exhibition is scheduled to travel around 5 places such as restaurant and gallery, from the Central Business District to the north, south, east and west different residential areas in Nairobi. To add lots of windows inside a closed space for opening into another world would awake your imagination to live close together in the contemporary urban society where people with different cultural and social backgrounds intermingle.

*Please make an appointment  by email or phone before visiting the gallery.

ANA MDOMO: Home_N Gallery Opening Exhibition
Date: 9th January to 12th February
Time: 10:00am-5:00pm
Venue: Home_N Gallery, Ngong Road, Woodley, Nairobi
Entry: Free
※Please make an appointment by email or phone before visiting the gallery.
Phone:0705-980-462
Email:info@nairobi-artproject.jp

Organizer: Nishio Workshop Nairobi Office
In Association with: Japan Society for the Promotion of Science Nairobi Research Station


本展「ANA MDOMO」では、ナイロビの市内各所をまわって撮影された、さまざまな民家の窓からのぞいた景色の写真を展示します。また同時に、日本全国から各家庭の窓の写真をインターネットで募集して展示を行ない、展示会場にナイロビと日本をつなぐ小さな窓を開きます。本展はナイロビ市内の中心地区と、それぞれが異なる特色をもつ東西南北の各地区にあるレストランやギャラリーなど5カ所での巡回展示を予定しています。閉じられた展示空間に、たくさんの多様な窓の写真を加えて、世界に通じる通路を増やすことで、異なる社会的文化的背景をもつ他者が混在する都市社会で共生的に生きるための想像力を喚起します。

※当ギャラリーは予約制です。事前にメールもしくは電話にて、お越しになる日時をお知らせください。

ANA MDOMO: Home_N Gallery Opening Exhibition
開催日時:2012年1月9日(月)〜2月12日(日)10:00am-5:00pm
場所:Home_N Gallery、Ngong Road、Woodley、Nairobi
入場無料
※電話もしくはメールにて事前予約をお願いします。
電話:0705-980-462
メール:info@nairobi-artproject.jp

主催:西尾工作所ナイロビ支部
後援:日本学術振興会ナイロビ研究連絡センター

あなたの部屋の窓からみえる景色の写真を募集しています

Home_N Galleryのオープニング展「ANA MDOMO」では、ナイロビの市内各所のさまざまな家の窓からのぞいた景色の写真が展示されます。同時に、日本全国からもインターネットを通じて窓の写真を募集して展示を行ないます。ナイロビの展示会場に日本につながる小さな窓を開きます。


「時間を知らせてくれる窓」ナイロビ市内カヨレ地区

あなたの部屋の窓からみえる景色の写真を下記アドレスまで送ってください。
info@nairobi-artproject.jp

募集期間:2012年1月8日まで
※解像度やサイズなどの撮影条件は問いません。
※写真にうつる窓からの景色について、簡単な説明(あなたが感じていることや目にしたこと)を付けてお送りください。こちらで編集し、写真に対するタイトルとして使用させていただきます。
※写真をお送りいただいた方には、お礼として、ナイロビで撮影された写真を一枚、メール添付にてお送りいたします。

2012年2月には、ナイロビで撮影された写真のスライド上映会を原宿のHRIビジョンハウスにて実施する予定です。詳細は決まり次第、お知らせいたします。

MAP PAMOJA: Home_N Gallery Pre-Open Exhibition

Home_N Gallery is pleased to invite you to the pre-open exhibition MAP PAMOJA from the 14th November to 18th December 2011, before the official opening in January next year.
Home_N Gallery is a private homely gallery as well a house and atelier of  a Japanese contemporary artist, Yoshinari Nishio, and open as exhibition space to all sorts of people. We will regularly have a unique series of temporary exhibitions and workshop programmes focused on something interesting around Nairobi.
In the pre- open exhibition MAP PAMOJA, our visitors will be mapping their each favorite place on the map of Nairobi covering the whole wall of the gallery.  The map covered with others' personal and memorial places would hopefully renew the image of Nairobi in your mind. During the period, photos of the Nishio's past art works are also on display. 
We look forward to your visit all the time.

*Please make an appointment  by email or phone before visiting the gallery.

MAP PAMOJA: Home_N Gallery Pre-Open Exhibition
Date: 14th November to 18th December
Time: 10:00am-5:00pm
Venue: Home_N Gallery, Ngong Road, Woodley, Nairobi
Entry: Free
※Please make an appointment by email or phone before visiting the gallery.
Phone:0705-980-462
Email:info@nairobi-artproject.jp

Organizer: Nishio Workshop Nairobi Office


このたびHome_N Galleryでは、来年1月の公式オープンに先立ち、プレオープン展示「MAP PAMOJA」を開催します。
Home_N Galleryは、現代美術家の西尾美也が暮らすナイロビの自宅兼作業場を展示空間として公開したプライベートギャラリーです。ナイロビの興味深いコトや人、モノなどをテーマにした企画展やワークショップが定期的に開催されます。
本展「MAP PAMOJA」ではギャラリーの壁一面に広がるナイロビの地図に、来場者それぞれがお気に入りの場所をマッピングします。誰かの個人的な思い入れのある場所が寄り集まった地図で、あなたのナイロビ生活が更新されてゆきます。
また本展期間中には、西尾美也の過去作品の写真も展示しています。
ちょっと時間が空いたとき、買い物で近くに立ち寄った折には、ぜひお気軽にお越しください。

※当ギャラリーは予約制です。事前にメールもしくは電話にて、お越しになる日時をお知らせください。

MAP PAMOJA: Home_N Gallery Pre-Open Exhibition
開催日時:2011年11月14日(月)〜12月18日(日)10:00am-5:00pm
場所:Home_N Gallery、Ngong Road、Woodley、Nairobi
入場無料
※電話もしくはメールにて事前予約をお願いします。
電話:0705-980-462
メール:info@nairobi-artproject.jp

主催:西尾工作所ナイロビ支部


「アフリカ夜話」に参加します

『アフリカからのお客さんプロジェクト in 新・港村』の関連プログラムとして開催される「アフリカ夜話」というトークイベントに、ナイロビからSkype出演をします。第一回には「ナイロビレジデンス」にも参加した松原慈さんがご出演されます。

以下、『アフリカからのお客さんプロジェクト in 新・港村』ホームページより転載。
==============================
アフリカ夜話(連続トーク/Ustream放送も行なう)
アフリカや多文化交流にかかわりのあるゲストをお呼びして、まったりトークを繰り広げます。秋の夜長のお供にどうぞ。
司会進行:黒木皇(AfricArt design主宰)

アフリカ夜話 スケジュール
・第一回 10月10日(月)16:00〜18:00 場所:スクール校舎
ゲスト:松原慈さん(assistant共同主宰/建築家・美術家)※Ustream放送あり

・第二回 10月28日(金)19:00〜21:00 場所:スクール校舎 
ゲスト:西尾美也さん(現代美術家)※ケニア共和国ナイロビよりSkype出演 ※Ustream放送あり

・第三回 11月4日(金)19:00〜21:00 場所:スクール校舎
ゲスト:岩井成昭さん(美術家)※Ustream放送あり

アフリカ夜話 ゲストプロフィール(敬称略/出演順)
・松原慈(assistant共同主宰/建築家・美術家)
1977年東京生まれ。2002年assistant - international & interdisciplinary design practice設立。2004年ロンドン大学バートレット建築学校修士課程修了。建築を土台に、インスタレーション、パフォーマンスなど複数の手法・思 考方法を交差させ、存在/不在のバランスを問いかける。スタジオの共同作業と個人の表現活動を通して都市・建築・空間を多角的に考察。2009年からはア フリカ現代都市のリサーチを始め、共同プロジェクトも積極的に行なう。近作に「33年目の家」(assistantによる住宅設計, 奈良, 2010-)、「STRA」(パブリック・インスタレーション, ケニア・ナイロビ, 2011)、「Whereabouts」(ダヴィンチ博物館への建築的介入, イタリア・ミラノ, 2009)など。Emeka Ogbohとはナイジェリア・ラゴス訪問時(国際交流基金助成, 2009)コラボレーションを行なっている。

・西尾美也(現代美術家)
1982年奈良県生まれ。2011年東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。博士(美術)。現在、文化庁芸術家在外研修員として、ケニア共和国ナイロビを拠点に活動中。装いの行為とコミュニケーションの関係性に着目し、市民や学生との協働によるプロジェクトを国内外で展開している。代表的なプロジェクトに、世界のさまざまな都市で見ず知らずの通行人と衣服を交換する《Self Select》や、世界各地の巨大な喪失物を古着のパッチワークで再建する《Overall》などがある。また、2009年に西尾工作所ナイロビ支部を設け、アフリカでのオルタナティブなアートプロジェクトに着手している。

・岩井成昭(美術家)
東京に生まれる。現在東京在住。1990年より音声やノイズなどを収集し、ギャラリー空間に再構成したサウンド・インスタレーションを連続して発表する。 90年代後半からは人と社会の関係性にテーマを求め、主に欧州・豪州・日本における多文化状況の調査を通して、ビデオや音声による作品を制作。近年では、 以前からの手法に加えて、インスタレーション・テキスト・パフォーマンスなど、使用メディアや作品形態の幅をさらに広げると共に、世界各地の都市や地方に 滞在し、地域のコミュニテイや伝統を現代の文脈の中で再構築する試みを続けている。

お問い合わせ:info@africartdesign.com 090-6305-6269(担当:黒木)
HP:http://www.ogboh.com/ 「新・港村」公式サイト:http://shinminatomura.com/ 

主催:AfricArt design
特別協力:BankART1929
協力:P3 art and environment Centre for Contemporary Art, Lagos

ナイロビに移住しました

この度、プログラム・ディレクターの西尾美也は、
平成23年度 文化庁新進芸術家海外研修制度 2年派遣研修員として、
2011年9月1日から2013年7月31日までの期間、
ケニア共和国ナイロビを拠点に活動することとなり、
コーディネーターの西尾咲子とともに、すでに現地での生活をスタートさせました。
Twitterのプライベート・アカウントでナイロビの日常生活について気ままにツイートしていますので、ぜひ覗いて下さい。

西尾工作所ナイロビ支部へ来訪される方は、
Contactページに記載のメールアドレスまでお知らせ下さい。
折り返し、詳しい住所をお送りいたします。

郵便物は下記の勤務先で受け取り可能です。
Yoshinari Nishio
c/o Nairobi Arts Trust / Centre for Contemporary Art of East Africa (CCAEA)
P. O. Box 46503-00100
Nairobi, Kenya.
http://www.nairobiartstrust.org/

ARAKAWA AFRICA 2

 
ARAKAWA AFRICA 2 アラカワ・アフリカ 2 
西尾工作所のアフリカでの仕事とアフリカ屋の荒川での仕事

本展は、荒川区を拠点とする両社の展示とトークイベントを通して、荒川区とアフリカの意外なつながりに光を当てる試みです。西尾工作所は、2009年よりケニアにナイロビ支部を設け、現代美術を介した文化交流事業に取り組んでいます。本展では、西尾工作所企画「ナイロビレジデンス」(2011年3月)に参加したアーティストの東明と松原慈のドキュメント展示を行います。また、1994年から荒川区町屋で開業しているアフリカ屋は、西アフリカの布・パーニュに魅せられたオーナーが長年にわたって収集したカラフルなパーニュ・コレクションの展示と新布の販売、仕立て職人による型紙を使わない洋服作りを実施いたします。

会期▶2011年6月14日(火)〜6月19日(日)
時間▶13:00 〜19:00 *18:00〜19:00の間は節電させていただきますのでご了承ください。
会場:OGU MAG
入場▶無料

トークイベント 6月18日(土)14:00〜15:30 
ゲスト:西尾美也(西尾工作所 代表)、茂木佐和子(アフリカ屋 店主) 
参加費:500円(紅茶付き)

主催:OGU MAG
後援:ACC(財)荒川区地域振興公社


eco japan cup 2010年度 カルチャー部門 受賞者展


エコロジーな社会のためにエコのアイディアを競う日本選手権「eco japan cup」。
本展は、その2010年度カルチャー部門の受賞者展です。
西尾の展示では、エコアートとしてグランプリを受賞した《Overall》プロジェクトの活動紹介をはじめとして、埼玉県北本市で展開した《ピープルズ・ハウス》、千葉県松戸市で展開した《まちやま》など、古着のリメイクによる購入可能な衣類作品も展示しています。

会期▶2011年5月3日(火)〜21日(土)※日・月定休
時間▶11:00〜19:00 ※最終日〜17:00
会場▶gallery COEXIST
入場▶無料

オープニングレセプション  5月7日(土)17:00〜19:00
トークショー:受賞者+深瀬鋭一郎(カルチャー部門創設者)

2010年度 カルチャー部門 受賞者▶
エコアート|グランプリ :西尾美也 準グランプリ:増田頼保(アルテス・トラストス)
エココミュニケーション|準グランプリ:村松聖記(エコメディアラボ)
エコミュージック |グランプリ :木村圭

主催 : gallery COEXIST・深瀬記念視覚芸術保存基金
協力:eco japan cup総合運営事務局

「ナイロビレジデンス」帰国報告会

2011年3月の1ヶ月間、「ナイロビレジデンス」のプログラムに参加するアーティストの東明と松原慈による帰国後すぐの報告会です。
その成果と課題、現地の魅力の共有を試みます。

■東京会場
日時:4月10日(日)18:00〜20:00
報告者:東明、松原慈
司会:西尾美也
会場:3331 Arts Chiyoda コミュニティスペース(アクセス
入場:無料(申込不要)
主催:ARTS FIELD TOKYO
企画:西尾工作所
問い合わせ:info@nairobi-artproject.jp
※この報告会は、ARTS FIELD TOKYO「ソーシャルダイブ」展の関連イベントとして実施されるものです。http://2010.artsfield.jp/

■京都会場
日時:4月17日(日)14:00〜16:00
報告者:東明、松原慈
司会:西尾美也
会場:京都芸術センター ミーティングルーム2(アクセス
入場:無料(申込不要)
主催:西尾工作所
共催:京都芸術センター
問い合わせ:info@nairobi-artproject.jp


松原慈さんと東明さんのナイロビでの展示・イベント情報

現在、ナイロビで滞在制作を行なっているアーティストの松原慈さんと東明さんが、下記の展示・イベントを行ないます。

1.「THE STRA ON ABSENT BILLBOARD, KIBERA」松原慈

3月25日(金)夜7時頃から約1時間、キベラ地区にて松原慈さんとケニア人アーティストOtieno Kotaによる映像インスタレーション。キベラ地区にあるアート集団Maasai Mbiliのスタジオ付近の巨大な広告塔に白い布がかけられ、一夜限りのシネマ上映が行なわれます。

2.「THE STRA ON ABSENT NEWSPAPER, CITY」松原慈

3月29日(火)朝9時から昼2時まで、National Archive前の新聞スタンドにて松原慈さんがナイロビで体験したさまざまな思い出が新聞や雑誌、CDなどの大衆メディアに転換され、松原さんによって装飾が施された新聞スタンドで新聞売りによって販売されます。

3.「家具ジュアカリ工房群での公開展示」東明

3月26日(土)からRace course Estate(Ngong Road沿い)の家具ジュアカリ工房群の一角にて東明さんの作品が展示されます。本作品は東さんの帰国後もジュアカリたちの休憩所として設置されたままになる予定です。

4.「教会でパラシュートを飛ばすワークショップ」東明

3月27日(日)の午前中、Bomas of Kenya近隣のNairobi Pentecostal Church Karen教会にて、東明さんがナイロビのゴミ袋とカーテンで作った沢山のパラシュート作品を子どもたちと飛ばします。

松原慈さんによるアーティスト・プレゼンテーション


現在、ナイロビで滞在制作を行なっているアーティストの松原慈さんが、3月22日(火)2時30分からKuona Trustにてアーティストトークを開催します。
詳細は下記のウェブサイトに掲載されています。


links

contents

search this site.

twitter

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM